ウレタン屋のつぶやき


二代目社長の挑戦日記
by 1413-chth
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
東京の御方からしたら関西..
by 含魅 at 16:50
> 岩元さん 岩元ちゃ..
by 1413-chth at 22:16
年度末の慌ただしい中お邪..
by 岩元 at 10:20
ゆきさん コメント有難..
by 1413-chth at 12:06
続けるって大切ですがなか..
by ゆき at 21:43
泣きますね
by 炎穂 at 22:41
星野さん!コメント有難う..
by 1413-chth at 13:51
畠中さん、僕も1ヶ月前よ..
by 星野 at 11:11
畠中さん、こんにちは! ..
by 高嶋 at 14:53
しんちゃん! コメント..
by はたなか@キャプテン at 16:54
メモ帳
最新のトラックバック
去年の豊富のC
from かっちゃん社長のブログ@工業..
ブログを続けていくための..
from 魚眼(ぎょがん)しんぶん
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

本日は土曜日出勤でしたので、真剣にウレタンゴムについて考えてみました。

ウレタンゴムは現存する弾性体の中で最も耐磨耗性、耐荷重性の有る

エラストマーで有り、耐熱性(常時80度以下で実用)以外、欠点は見当たらない。

最近は、80度以上でも実用できるウレタンも出て来ている。只、かなり高価になるが。

加工方法により分類すると次の3種に整理される。

1、混練タイプ(ミラブルタイプ)

  従来のゴムと同様に加工出来るが、エステル系が主体なので加水分解をおこし

  弾性を失う。又、練生地のスコーチ(焼け)にも問題あり、特に湿気の有る

  夏場は敬遠される。(ウレタン硬度60~90度)

2、熱可塑型(サーモプラスチックタイプ)

  プラスチック同様な加工方法を取り、射出成型、抽出成型等が可能であるが

  1点当たりの注文数量が多くないと、金型の高価さと相まってペイしない事が

  多い。(ウレタン硬度70~100度)

3、液状注型(キャスタブルタイプ)←当社のウレタン加工です。

  上記1、2に比べると生産性は劣るが、大きなものから小さなものまで、又

  かなり複雑な形状の物まで製造でき、最もバランスのとれた物性を有する。

  又、原料樹脂の管理もなるべく早く使いきるか、一斗缶を小分けして保管すれば

  それ程問題は無い。(ウレタン硬度25度~100度)

3つに分けた分類の中で、当社は3番目のキャスタブルタイプでウレタン加工を行っています。

故に、小ロット多品種が得意で有り、ウレタンの有する耐磨耗性、耐荷重性という物性には

絶対的な自信を持っております。納期も、ロボットツメライニングやウレタンローラー等

少量(5個~10個位)でしたら、中2日くらいでウレタン加工を施して送り返すことが可能です。

その時の現場の状況にも拠りますが。。。

キャスタブルタイプのウレタン加工を行っている立成化学工業所をどうぞ宜しくお願い致します。
e0108337_11105222.jpg


“ウレタンゴムの加工・製作ならこちらです・・・・

立成化学のfacebookページはこちら・・・・

3S活動ブログはこちら・・・・
[PR]

by 1413-chth | 2015-01-10 23:59 | 仕事(会社) | Comments(0)
<< 基本に戻って、注型作業をしてみ... 職人さんとしての誇り >>